くらしとお金

「これからの働き方」を考えるママ達へ

いつもお読みいただきありがとうございます。

皆さんの中には、

お子さんがこの春入園・入学をされて、

少し時間ができたので、

「そろそろ働きはじめようかな・・」

と考えている方も多くいらっしゃると思います。

お子さんがいない間の時間を活用して

パートでお仕事を・・

と考えているママの多くが

<旦那様の扶養範囲>

を意識されます。

この<扶養>には、

2つの意味があるのをご存知でしたか?

2つの扶養とは???

1つ目が

【税金上の】扶養

2つ目が

【社会保険の】扶養
です。

ここでは、扶養制度の詳細についての

お話は割愛させていただきますが、

違いを簡単に説明しますと、

以下の通りです。

※ここでは夫が妻を扶養するという

ケースでお話しさせていただきます。

【税金上の扶養】

配偶者控除や配偶者特別控除という形で

夫の所得から所得控除されるので

<夫にかかる税金を減らすことができる>

《主な要件》

★配偶者控除

・年間の合計所得金額が38万円以下(収入103万円以下)

・控除を受ける給与所得者の合計所得金額が1,000万円以下(収入1,220万円以下)

★配偶者特別控除

・年間の合計所得金額が38万円超123万円以下(収入103~201万円以下)

・控除を受ける給与所得者の合計所得金額が1,000万円以下(収入1,220万円以下)

控除額については、こちらをご参照ください。

※国税庁HPより引用

【社会保険の扶養】

これは、夫が<会社員の場合>と限定されますが、

・健康保険

・介護保険

・厚生年金保険

について、妻は自分で支払う必要がないので、

(いわゆる第2号保険者と言われています)

結果として、

<世帯の社会保険料負担が減る>

《主な要件》

・年間の収入が130万円未満

※ただし、60歳以上または障害者の場合、年間収入180万円未満

・同居の場合 ⇒ 収入が扶養者(夫)の収入の半分未満

・別居の場合 ⇒ 収入が扶養者(夫)からの仕送り額未満

★勤務先(妻)が大企業(正社員が501人以上)の
場合は要件が異なり、
収入が106万円未満が要件となります

気になる手取り収入はどう変化するの?

この2つの扶養制度により、

税金や社会保険料が決定し、

ご夫婦の収入が決まってくる訳です。

(もちろん個々に他の要素もありますが・・)

そこで気になるのは、

「自分が働き始めることで、

自分のそして家庭の手取り収入はどうなるのか?」

ということですよね。

上の表にあるように、

条件により、配偶者控除および

配偶者特別控除の金額が変わってきますが、

基本的には、社会保険料が発生するまでは

手取り収入はアップしていきます。

手取り収入の落ち込みを避けるという、

観点からすると、

<社会保険料が発生する>

つまり大半の方にとっては、

年収130万円のラインが

一番の注意ポイントとなります。

また、もう一つのポイントとしては、

夫の会社に

<配偶者手当>

という制度があるかどうかということ。

導入している多くの企業が、

・配偶者の年収103万円まで

としているようなので、

一度チェックしてみてくださいね。

手取りが下がることは絶対避けるべき?

もちろん、

<手取りが下がる>と聞くと

ネガティブなイメージですよね。

せっかく働いて収入を増やそうとしているのに、

「130万円超えたら働き損では?」

と思われるのも自然なことです。

でも、少し視野を広げて、

【社会保険に加入するメリット】を

確認してみると・・・

★将来受け取る厚生年金が増える

★傷病手当金が受けられる

★出産手当金が受けられる

★雇用保険に加入、失業手当を受けられる

(↑週20時間以上の労働時間という要件あり)

とメリットも多くあることがわかります。

ですから、単に<手取りが減る>という

悪いことだけではないということも、

ここで覚えておいてくださいね。

<働く>ということを改めて考える良い機会に

これから、再びお仕事を始めるママだけでなく、

今現在お仕事をしている方であっても、

<これからの働き方>について、

考えている方は多いと思います。

何を隠そう、私も出産のタイミングで、

仕事を辞め、その後の働き方について、

長いこと模索しながら、

現在の形にたどりつきました。

そしてたどり着いたといっても、

今も尚、模索しながらの日々です。

子育て中のママは、

どうしても子供のこと、

近い将来の教育費のことなどで

頭の中を占めてしまいますが、

最近よく耳にする

「人生100年時代」を生きる

私達は、

子供が独立した後も、

長い人生が待っていて、

これから働く・働ける時間は

沢山あります。

今は、

・時間に制約があり、

・勤務地もなるべく自宅近くで

・少しでも手取りを多く

など、限られた条件の中で、

お仕事を探さなければならない事情も

あるかと思います。

扶養の範囲内で

探していくということも

【働き方】の一つです。

ただ、社会保障の流れとして、

この【扶養】の範囲内で働く

メリットが徐々になくなりつつあります。

ですから、【扶養内で働くこと】に

固執しすぎて、長期的にみたときに、

「積める経験やキャリア」を

ロスすることは、長い人生の中では、

非常にもったいないなとも思います。

お仕事探しの過程の中で、

●子供が大きくなってからも、働いていたいのか、

働いていたい場合、どんな仕事・働き方をしていきたいか

●残りの人生をどんな暮らしにしていきたいのか、

そのためにはどんな働き方がその暮らしにフィットしているのか

などを考える時間を作ってみてくださいね。

========================

【お知らせ】

緊急開催!無料オンラインセミナー

「アフターコロナに家計を守るために

しておきたいこと」

を開催します!

4月25日(土)21~22時

4月28日(火)時間未定(リクエストください!)

今から、アフターコロナに備えていきましょう!

ご参加、そしてご質問もお待ちしております。

ご参加ご希望の方は、下記LINEにご登録いただき、

「無料オンラインセミナー参加希望」とメッセージをいただくか、

お問い合わせ欄にお名前とメールアドレスをご記入いただければ、

折り返しご連絡いたします!

友だち追加

↓ポチっと押して、応援していただけると嬉しいです!


ワークライフバランスランキング

ZOOMでお待ちしてます!

ライフデザインオフィス<想-創>に初めての方へ

関連記事

最近の記事

  1. 奨学金についての記事を監修しました<マイナビ>

  2. お金を整える、そして暮らしも整える

  3. 【9月お話会】<100年人生を生きぬくために>「個人型確定拠出年金iDeCo」をはじめよう!」(9/15 & 9/19)

  4. 節約の落とし穴に注意!「得すること」にお金を使って「損して」いませんか?

  5. 家計のリフォームしませんか?(ワークシートプレゼント!)

  6. 【お話会のお知らせ】これだけは知っておこう!「保険のしくみと選び方」(6/16 & 6/24)

最近の記事

  1. 奨学金についての記事を監修しました<マイナビ>

  2. お金を整える、そして暮らしも整える

  3. 【9月お話会】<100年人生を生きぬくために>「個人型確定拠出年金iDeCo」をはじめよう!」(9/15 & 9/19)